東京で働く前に知っておきたい!税金や社会保険に関する基礎知識

東京で働くには、税金や社会保険に関する基礎知識を持っていることが重要です。

しかし、税金や社会保険については、なかなか理解するのが難しいものです。

本記事では、東京で働く前に知っておきたい、税金や社会保険に関する基礎知識についてご紹介します。

目次

税金に関する基礎知識

1. 所得税

所得税は、給与やボーナス、賞与などの収入に対して課税される税金です。

所得税は、年末調整によって源泉徴収されます。源泉徴収は、給与から天引きされた金額を指します。

2. 住民税

住民税は、所得税と同様に、給与やボーナス、賞与などの収入に対して課税される税金です。

住民税は、住民票のある自治体に支払うことになります。

3. 消費税

消費税は、物やサービスの購入時に課される税金です。

消費税率は、2021年10月現在、10%です。

4. 確定申告

所得税や住民税については、確定申告を行うことで、還付金を受け取ることができます。

また、源泉徴収された金額よりも多く納めてしまった場合には、差額を返金してもらうこともできます。

社会保険に関する基礎知識

1. 健康保険

健康保険は、労働者が健康に関する医療費を安価に受けることができる制度です。

労働者と企業が保険料を負担することで運営されています。

2. 厚生年金保険

厚生年金保険は、年金や退職金などの支給を行う制度です。

企業が保険料を負担することで運営されています。

3. 雇用保険

雇用保険は、失業した場合の生活保障を行う制度です。

企業が保険料を負担することで運営されています。

まとめ

東京で働く前には、税金や社会保険に関する基礎知識を持っておくことが大切です。

所得税や住民税、消費税については、源泉徴収や確定申告によって自己申告を行うことができます。

また、社会保険については、健康保険、厚生年金保険、雇用保険などがあり、労働者と企業が保険料を負担することで運営されています。

これらの税金や社会保険について、正しく理解しておくことで、自分自身の生活や経済活動を円滑に進めることができます。

是非、この記事を参考にして、東京で働く際の税金や社会保険に関する基礎知識を身につけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次