東京で家賃を節約する方法!知られざるお得な裏ワザを大公開

東京での生活は、家賃が高いことが悩みの種の一つです。

しかし、知られざるお得な裏ワザを活用すれば、家賃を節約することができます。

今回は、東京で家賃を節約する方法ご紹介します。

目次

駅から遠い物件を選ぶ

家賃は立地に大きく影響されるため、駅から遠い物件を選ぶことで家賃を抑えることができます。

駅徒歩15分以上の物件は、家賃が安くなる傾向があります。

また、バスを利用することで、さらに家賃を節約できることもあります。

築年数が古い物件を選ぶ

築年数が古い物件は、新築物件に比べて家賃が安いことが一般的です。

築30年以上の物件でも、リフォームされていることがありますので、外観や設備にこだわらずに物件を探してみましょう。

2階以上の物件を選ぶ

一般的に、1階の物件は防犯面や騒音、日当たりなどのデメリットがあるため、家賃が安くなることがあります。

しかし、2階以上の物件でも、階数が上がるごとに家賃が安くなる傾向があるため、高層階の物件を選ぶことで家賃を節約できます。

マンションの1階にある店舗スペースを活用する

東京都内のマンションには、1階に店舗スペースがあることがよくあります。

そういったスペースを住居用に活用することで、家賃を節約できることがあります。

ただし、許可が必要な場合があるため、事前に確認が必要です。

シェアハウスやルームシェアを検討する

シェアハウスやルームシェアは、家賃や光熱費を節約できる方法の一つです。

また、シェアハウスでは、様々な人と交流できるため、新しい友達を作る機会にもなります。

ルームシェアは、友人や知人と一緒に暮らすことで家賃を抑えることができます。

ただし、プライバシーや生活習慣の違いに注意が必要です。

UR賃貸を利用する

UR賃貸は、都市再生機構が管理・運営している公共の賃貸住宅です。

東京都内にも多くの物件があり、家賃が市場価格よりも安い場合が多いです。

さらに、敷金・礼金が不要で更新料もかからないため、初期費用や維持費を節約できます。

社宅や寮を利用する

勤務先が社宅や寮を提供している場合、家賃が安くなることがあります。

また、光熱費や管理費が含まれていることもあり、総額で考えるとお得になることがあります。

会社によっては、家族向けの社宅も用意されていることがあるので、利用を検討してみてください。

長期滞在割引を利用する

賃貸物件によっては、長期滞在割引が適用されることがあります。

2年以上の契約を結ぶことで、家賃が安くなる場合がありますので、賃貸契約時に確認してみましょう。

仲介手数料無料の物件を探す

賃貸物件の仲介手数料は、通常家賃の1ヶ月分が相場ですが、仲介手数料無料の物件も存在します。

家賃自体が安い物件でなくても、仲介手数料が無料の物件を選ぶことで、初期費用を抑えることができます。

引越しのタイミングを工夫する

引越し業者の料金は、需要が高まる3月や9月などの繁忙期に高くなることがあります。

引越しのタイミングをオフシーズンにずらすことで、引越し費用を節約できます。

また、平日や午後など、引越し業者の予約が空いている時間帯を狙うこともお得です。

住宅手当が受けられる勤務先を選ぶ

勤務先によっては、住宅手当が支給されることがあります。

住宅手当は、家賃の一部を補助してくれる制度で、家賃負担を軽減することができます。

転職や就職を検討する際には、住宅手当が受けられる企業を選ぶこともおすすめです。

家賃交渉を試みる

物件によっては、家賃交渉が可能なことがあります。

特に、空室が長期間続いている物件や、周辺の相場よりも家賃が高い物件では、家賃を下げることができる可能性があります。

遠慮せずに交渉してみることで、家賃を節約できるかもしれません。

家具・家電付き物件を選ぶ

家具や家電付きの物件を選ぶことで、家具や家電の購入費用を節約できます。

特に短期間の滞在や単身赴任などの場合、家具・家電付き物件はお得な選択肢となります。

賃貸住宅のサブリースを検討する

賃貸住宅のサブリースとは、賃貸契約を結んだ住宅を他人に貸し出すことです。

自分が住んでいる物件を一部だけ貸し出すことで、家賃負担を軽減できます。

ただし、サブリースは賃貸契約によっては禁止されていることがあるので、契約内容を確認してください。

まとめ

いかがでしたか?東京で家賃を節約する方法は、意外と身近にたくさん存在しています。

これらの裏ワザを活用して、東京での家賃負担を軽くし、より快適な生活を送りましょう。

物件選びや引越しのタイミング、生活スタイルの工夫など、様々な方法で節約が可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次